FC2ブログ

無料の出会い系サイトでエッチ体験!

無料の出会い系サイトで、実際に女性とデートして、エッチ・セックスをした経験をもつ私が体験談とノウハウをまとめました。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

無料出会い系サイトを利用してエッチする方法 

無料の出会い系サイトで、実際に女性とデートして、
セックスをした経験をもつ私が体験談とノウハウを
まとめました。

うまくいけばファミレス代とホテル代のみ、総額5千円以内で
本番ができるというミラクルも。

それなりにコンプレックスやストレスのある女性ばかりで
工夫は必要ですが、普段男性に相手にされない女性だと
意外とあっさり落ちます。


学生やフリーターは、元気はあるけどお金は無い。
女の子とヤリたいのに、エッチしたいけどお金は無い。

そういうときに頼れるのは出会い系サイト。

確率は低いですが、タダでヤレる女はいます。
アラフォーだったり、人妻だったり、ぽっちゃり系だったり、
幼児体型だったり、

ポイントはコンプレックスやストレスを抱えている女性。
そういった女性の心の隙間に忍び込み、ありがたく体を
いただく。

その体験談をちょいとしたコツを交えながら紹介します。


■出会い系サイトでヤレるって本当?
本当です。私はヤレました!
でも簡単なのかというと…

■ヤラセって本当にないの?
サクラの存在について
サクラのための媒体
ヤラセに過敏になるのもよくない!

■本当にヤレました!
どうしたら出会える?
ヤラせてくれる女とは?
風俗との違い
人妻(観月ありさ似)との初エッチ!1
人妻(観月ありさ似)との初エッチ!2
人妻(観月ありさ似)との初エッチ!3

■近畿 幼児体型!処女!女子大生 江藤愛
焦ってエッチ失敗
第2ラウンド!
再びエッチにチャレンジ!
処女とのエッチ
いざ挿入!その1
いざ挿入!その1

■東京 Eカップお嬢様!処女の女子校生SHIHO
焦ってエッチ失敗
泊まりに行きたいな
無事に会えてよかった
本当に何もしないんだよね?
最低男
お願いだから!もうやめて!
こんなのいや!

■東京 仕事でストレス漬けのアラサーナース 田中美保
ご飯でもいかが?
ご飯を食べながらも愚痴
じゃあベッドに寝て
ヤるからこっち向いて
ねぇ、生で入れて?
中に、中にちょうだい!
( 2012/12/31 00:00 ) Category メインメニュー | トラックバック(-) | コメント(-)

中に、中にちょうだい! 

肉棒を生で、美保の中に入れました。

「はあぁ、おっきぃ、
 ○○のチンポふとい。」

「美保こそ、ヌルヌルして絡みついてくるよ。
 欲しかったんだろ?スケベなマンコだな。」

「やん。」

そこからしばらく正常位でセックスを楽しみ、
バックに騎乗位といろんな体位でしました。

「(ヌッチャヌッチャ)」

「はぁ、はぁ、、美保。」

「ん、はぁ、ああん、なに?、ああ!」

「俺の女になれよ。」

「(パンパンパン)」

「え?、ぁん、マジ?、条件は?」

「月○○。」

「あん、わかった。おねがい。」

「俺以外に抱かれるなよ。」

「うん。」

「じゃあ行くぞ、どこに出してほしい?」

「あん、なか。」

「え?」

「なかに、ちょうだい。」

「大丈夫か?」

「たぶん、できたら、うむ。」

私も余り深く考えてなくて。

「じゃ出すぞ!」

「(パンパンパン!!)」

「ああん!ああん!出して!いっぱい出して!」

「(ドクンドクン)」

中出しの最中、美保が

「あ、中にいっぱい出てるよ、
 ○○のチンポがビクンビクンしてるの分かる。」

「(かなりの淫乱だな。
  遊びにはいいけど、長く付き合う女じゃない。
  あとで病気の検査にも行っとこう。)」

心の中でそう思ってました。

愛人契約をしたはいいものの、他の男にもヤラせるはず。
その後は適当に遊んで、飽きた頃に捨てました。
( 2011/07/06 11:28 ) Category 東京 仕事でストレス漬けのアラサーナース 田中美保 | トラックバック(-) | コメント(-)

ねぇ、生で入れて? 

「このスケベ女が。」

「なんで?」

「初対面の男に股開きやがって。いつもヤッてんだろ?」

「やん。そゆこと言わないで。」

そういうと、肉棒をそっと握ってきました。

「太いのね。固いし楽しみだな。」

そういうと肉棒を口にくわえこみました。

「遊び慣れてる女とのセックスはいい。」

そう思いました。
処女にはない味ですから。

「今度は私の番。寝てちょうだい?」

手を使わず、口だけで上目遣いをしながらのフェラ。
歯を一切立てないテクニックもありました。

「ねぇ、お互い気持ちよくなろ?」

美保はフェラをしたまま、
下半身を私の顔の上にもってきました。

「シックスナインしよ。」

美保のお尻を抱き込んで、秘所を夢中でしゃぶりました。

「んー!んーー!」

美保はフェラをしながら、あえぎ声を出してました。

「ひほひいい!」

気持ちいい、と言いたいのでしょうか。
しばらく続けていると、美保の蜜で私の顔はずぶ濡れに。

「ねぇ、入れて?」

「あぁ。」

「生でいいから。」

「マジで?」

「でも外に出してね。」

美保は誘うような目線を投げかけ、股を開きました。
( 2011/06/29 12:16 ) Category 東京 仕事でストレス漬けのアラサーナース 田中美保 | トラックバック(-) | コメント(-)

ヤるからこっち向いて 

夢中でお尻をわしづかみにしました。

ストッキングを引き裂くと彼女から

「やん。乱暴にしないで。」

男を興奮させる術を心得てます。

ビリビリとストッキングを破いて、
パンティ越しのお尻に顔を埋めました。

大きなシミがあるところに舌を這わせると

「ああん、いや。」

身をよじろうとする美保を、抑えつけます。

しばらくお尻を弄んだあと、

「ヤろうよ、そのつもりで来たんだろ?」

彼女は何も言いません。

「じゃあ、そのまま大人しくしてて。」

彼女をあおむけに寝かせ、服を脱がせ、
自分自身も全裸になり覆いかぶさりました。

ねっとりとしたキスを交わし、
彼女の豊かなバストを頬張り、
すでに蜜が垂れているアソコに指を突っ込み。

「はああん、きもちいい!お願い!もっと!」

彼女の手が私の背中に回ります。

パンティをぶら下げたままのの足は、
私の腰を挟みこんで放しません。

「ああん!指も舌も、うまぁい!きもちいいよぉ!」

大人の、かつ獣のようなセックスの始まりです。
( 2011/06/21 10:57 ) Category 東京 仕事でストレス漬けのアラサーナース 田中美保 | トラックバック(-) | コメント(-)

じゃあベッドに寝て 

部屋に入った美保、少し緊張していました。

「お茶飲む?」

「うん。」

しばらく沈黙が流れました。

「じゃあマッサージしようか。」

「…うん。」

「ベッドに寝てくれる?」

「わかった。」

お互い、これから何をするのか分かってました。

肩をもんでみると、ものすごく固くなってて。

「カチコチだね。すごい疲れてる、、」

「本当?」

「じゃあほぐすね。」

「うん。」

肩をほぐしたあと、次はふくらはぎへ。

「どう。このあたりでいい?」

そう聞くと、

「もうちょっと、上かな。」

なんて答え。

そう言われ手はだんだんと上へ。

私もそうですがこの女、相当なスケベです。
太股にふれたあたりから、2人とも息が荒くなりました。

太股から足の付け根、お尻を触りました。

「直接、マッサージしてもいい?」

「うん。」

そっとスカートをめくりました。

そこには黒いストッキングにつつまれたお尻と、
薄いピンクのパンティが・・・。
( 2011/06/15 11:04 ) Category 東京 仕事でストレス漬けのアラサーナース 田中美保 | トラックバック(-) | コメント(-)

ご飯を食べながらも愚痴 

食事をしながら、仕事の話を聞いてみました。

「うまく行ってないみたいね。」

すると出る出る、愚痴のオンパレード。
食べるのもそこそこに、話す話す。

ふと我に返った美保。

「ごめんね?愚痴ばかりで嫌だった?」

そう聞く仕草がかわいくてつい言ってしまいました。

「疲れてない?うちにくる?」

「え?」

「いや、俺、マッサージが得意でさ!
 そんなに疲れてるなら、だいぶこってるかなって。」

アダルトDVDじゃあるまいし、
そんな言い訳が通用する訳もないと思いました。

でも、返事はOK。

「じゃあ、ちょっとほぐしてもらおうかな。」

「う、、うん!おいでよ。」

「でもいいのかな?」

「何が?」

「だって、初対面の男性の部屋に行くなんて、、」

何をいまさら。
今までそういうことばっかりしてきたくせに。
そう言いたいのを飲み込んで、部屋に入れました。
( 2011/06/08 12:32 ) Category 東京 仕事でストレス漬けのアラサーナース 田中美保 | トラックバック(-) | コメント(-)

ご飯でもいかが? 

ナースの田中美保とは、比較的早く会えました。

ストレスのたまる職場とのことで、休日に
気晴らしをしたいというのが本人の言い分。

「ヤレる。」

出会い系サイトで即会い、即エッチという理想が
今回は容易に実現しそうな感じがしました。

出会ったサイトは無料。
20代後半の美保は、看護師長との意見の違いや
新人教育がうまくいかないことからストレスの塊。

毎日毎日、メールで愚痴をこぼしていました。

「ならさ、お休みの日にパーっと遊ぼうよ。」

そう言って誘ってみました。

「うん。よろしくね。」

たぶん、他の男性とも会ってるんだろうなと思いました。

そして、待ち合わせの当日。
現れたのは少しぽっちゃりした女の子でした。

短いスカートに黒いストッキング、ピンヒール。
気合いを入れてきてくれたと思うと嬉しかったです。
( 2011/06/01 12:23 ) Category 東京 仕事でストレス漬けのアラサーナース 田中美保 | トラックバック(-) | コメント(-)

こんなのいや! 

しほの足を開かせて、その間に体を入れて。
勃起した肉棒の先を、しほの入口に。

「え?なに?なにするの?」

「入れる。」

「え?そんな、お願い!それだけは!」

「だめ。」

「わたし、だって、わたし、初めて。」

ヌルッ!
先端が入りました。

「いやぁあ!いや!いや!」

肉棒の先端に、しほの膜が当たりました。
でも、構わず奥までぶち込みました。

何かが破れる感触がしたのと同時に悲鳴。

「いやあああ!いたい!いたい!」

シーツに赤いシミが広がるのを見ながら、
腰をしほにたたきつけました。

「やぁーー!!!」

私の腰のピストンにあわせて、
しほのEカップがプルプル揺れてました。
目からは涙の筋が。

「止めて!こんなのいや!いやー!」

まるで犯しているようですごく興奮しました。

巨乳をわしづかみにしながらピストンを繰り返し。
その時はきました。

「出る。」

「え?」

「出る。」

「いや!おねがい!中に出さないで!」

「出す、おお、出すぞ。」

「ほんと無理!!おねがい!中に出さないで!」

「くぅっ!」

「いやあ!!!」

「(ドクンドクン)」

ゴムはしてません。

しばらくして、SHIHOを抱き寄せようとすると

「ひっく、さわらないで!ひっく、

 私、よごれちゃった、やだもう。」

次の朝、SHIHOは、うつろな表情を浮かべたまま

「さよなら」

と言い残して、始発電車で帰って行きました。
もちろん彼女との関係はそれで終わりです。
( 2011/05/25 11:24 ) Category 東京 Eカップお嬢様!処女の女子校生SHIHO | トラックバック(-) | コメント(-)

お願いだから!もうやめて! 

彼女の息が荒くなってきたんです。

「感じてるんだろ?」

「ちがう。」

「じゃあ、なんだよ。これ。」

パンティから手を抜き出して、テカっていた指を
彼女の眼の前に出しました。

「知らない。」

「感じてるんだろ?認めろよ。」

「ちがう!こんなんで感じたりしない!」

体で証明するしかないと思い彼女を全裸に。
乳首を口に含み、陰部に指を這わせました。

「チュー、コリコリ、ぺロ」

乳首を吸い、甘噛みし、下で転がします。

「クチュ、クチュ、クチュ。」

少しだけ指を入れた陰部からはしずくが垂れて。

「んっ、んっ。」

「もっと声出せよ。気持ちいいんだろ?」

「よくない、んっ。」

口と舌の動きをはやく!

「はぁ、あ、んっ!んっ!」

SHIHOの反応が、声にも出てきました。

乳首から口を離して、股を開かせようとしました。

「え?やめて? やだ!やだやだ!」

力任せに秘部をあらわにし、顔を埋めました。

「やめて!やだ!やめて!いやー!」

トロトロになった部分に、舌を挿入。

「やだ、はぁんっ!!」

たしかにそのとき、彼女の腰が浮きました。
舌で攻め続けます。

「あぁ!あん!あん!あああ!」

暴れまわる腰を腕で抑え、舌で攻め続けます。

「その声がSHIHOの本性だよ。」

すると両手で自分の口をふさぎました。

「んんー!んっ!んっ!」

感じている自分を認めたくないのか、涙を流しながら
体を震わせ、腰をくねらせてました。

「そろそろかな。」

私はパンツを脱ぎました。
( 2011/05/18 12:34 ) Category 東京 Eカップお嬢様!処女の女子校生SHIHO | トラックバック(-) | コメント(-)

最低男 

「オッパイ大きいよね。ほんと。」

「いや。」

ブラを外そうとすると、
私の胸を手で押してきます。

「いいじゃん。そのつもりで来たんだろ?」

「ちがうもん。○○さんのこと信じて、
 なんでこんな。」

「だから、最初からこうするつもりだったんだよ。」

彼女との関係は一度きりと決めていたのです。

「え?」キョトンとした彼女。

「そういうこと。じゃあ脱がすぞ。」

「そう、最低。」

そう言ったきり彼女は抵抗をやめ、
大人しくなりました。

「最低男、信じた私が馬鹿だった。」

構わずブラを外すと、Eカップほどのオッパイ。
思い切りもみしだき、吸いつき。
20分くらいオッパイを弄んでました。

そして、下に手を伸ばすと。

「いや!そこだけはやめて!お願いだから!」

当然、スルーしてパンティに手を突っ込みます。

少なめの陰毛の下は、しっかりつゆを引いてました。

「なぁんだ。濡れてんじゃん。」

「…」

「気持ち良くしてやるよ。」

割れ目を直接、指でなぞっていきました。

もう片方の手は乳首をつまんだまま。

するとそっぽ向いていた彼女に変化が。
( 2011/05/11 12:32 ) Category 東京 Eカップお嬢様!処女の女子校生SHIHO | トラックバック(-) | コメント(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。